「レースこそが人生だ。
その前も後も、ただの待ち時間にすぎない」

スティーブ・マックイーン演じるマイケル・デラニー

ガルフ石油の有名なスカイブルーとオレンジ
ほぼ間違いなく史上まれにみる伝説の917だ
モデルについて

スティーブ・マックイーンの
伝説のル・マン・
ポルシェ917KH

今すぐ購入
レース界の伝説、ポルシェ917。1970年当時で、8,300 rpmで堂々の馬力580 hpを記録した、空冷式12気筒エンジンを備えた史上最もパワフルで最速のポルシェのレースカー。サーキットでの917KHの驚くべき戦績により、ポルシェは1970年代から1990年代中盤まで耐久レースの王者として君臨しました。
ファイアストンタイヤのレプリカ
ハンドル操作で前輪が動く
点灯・点滅するヘッドライト
トランクを開くとエンジンが見えます
実物に忠実なガルフ石油の塗装
細部まで精巧に再現された内装
バタフライドアは開閉可能
ベースは伝説の20番

スティーブ・マックイーン出演の画期的な映画『栄光のル・マン』に登場した
マシンの精巧なレプリカです
仕様

全長:536mm
全幅:254mm
全高:130mm
テールをオープンにした時の高さ:260~350mm

スケール:1/8

パーツ数:約600個

パーツはすべて塗装済みです。

特長
  • 忠実に再現された12気筒V 180エンジン
  • バタフライドアを開くとコックピットを見えます
  • ハンドルを操作すると、前輪が動きます
  • サスペンションも機能
  • 点灯・点滅するヘッドライト、リア・ライト、室内灯
  • ファイアストンのレース仕様タイヤ
  • テールを開くと2点固定されたエンジンが見えます
1/8スケールだから実現した、すばらしく精密なモデル

バタフライドア

バタフラドアを開いて内装を眺めることができます

スイッチ類

ダイモラベルがついたスイッチが並ぶダッシュボード

機能する電気系統

点灯するヘッドライト

ダイキャストメタルのパーツ

ダイキャストメタル、フォトエッチング、ABSパーツなどの高品質素材を使用

忠実に再現されたエンジン

トランクを開けると12気筒V 180エンジンが見えます

点灯するテールランプ

ブレーキを押すとブレーキランプが点灯します

パック1の第三者レビュー
動画
1971年のオリジナル映画の予告編r
映画『栄光のル・マン』のメイキングビデオ
(スティーブ・マックイーンのドキュメンタリー)
『スティーヴ・マックイーン その男とル・マン』の予告編
『栄光のル・マン』に登場したマシンをベースに、ポルシェ917を再現
柔軟なお支払い

お支払い方法をお選びください

Agora Modelsはお支払いには柔軟に対応しています。モデルを何か月に分けて受け取りたいかに応じて、お支払回数も分割できます。

このモデルはディスプレイケース付きでお求めいただけます。ディスプレイケースつきで、毎月 2,400円の追加となります
ディスプレイケースをお求めいただくには、「モデル+ケース」をご選択ください。

初回パック1は特別価格¥9,900
その後は毎月¥19,900円支払い
(税+配送料込み)
キットは毎月1パックお届けします。

今すぐ購入+ケース

初回パック1は特別価格¥9,900
その後は毎月¥10,900円支払い
(税+配送料込み)
キットは隔月で1パックお届けします

今すぐ購入
Porsche 917 open rear
Agora-Advantage-NEG
アドバンテージ・クラブのメンバーになり、楽しみを広げましょう。初回ご購入後、自動的にAgoraプロレベルのメンバーとなり、その後Agoraモデルを完成するたびに、メンバーステータスがAgoraエリート、Agoraマスターとグレードアップします。
次回のモデル

次回のキットでは、パック1が無料になります

カスタマイズ

カスタマイズ、ギフト、限定オファーのチャンス

優先アクセス

限定盤を優先的に入手したり、新モデル発売の先行通知を受け取れます

保証

Agora保証で、すべてのお客様に安心をお届けします

詳細を見る

Agora のお約束
最後のパーツまで生産を保証。いかなるモデルも、「シリーズの途中」で生産を中止することはありません。キットすべての部品生産が可能であると確信しない限り、最初の部品を販売することはありません。

Agora アドバンテージ・クラブ
Agoraがお約束する比類なきカスタマー・ケアの充実を目指し、また追加の特典をお楽しみいただけるよう、特別な Agora アドバンテージ・クラブメンバーシップをご用意しました。

公式ライセンス製品

公式ライセンス製品
Agoraは1/8スケールモデルの開発にあたり、2019年にシェルビー・アメリカン社から実車への排他的アクセスの許可を得ました。モデルは、同社とのパートナーシップの下で共同開発され、公式に承認を得ています。

ダウンロードセンター

最新の組み立て説明書をダウンロード

ダウンロードセンター

Bコミュニティに参加

ソーシャルメディアに参加して、最新情報、インサイト、Agora製品の発売情報を入手しましょう

YOUTUBEFACEBOOKTWITTERINSTAGRAM

ポルシェ917KHのストーリー

レース場のカリスマ

1970年から1971年の間に生産されたポルシェ917KHには、12タイプのシャーシがあった。このモデルはシャーシ917-022をベースにしている。1969年に最初に組み立てられ、1970年のレースシーズン用にKurzheck (KH)モデルに変更された。その後、マシンは当時スティーブ・マックイーンの映画制作会社が『栄光のル・マン』撮影のために購入した。

撮影後のマシンは、ラインホルト・ヨーストをドライバー、ウィリー・カウーゼンをコ・ドライバーとして1971年シーズンのレースに出場。1975年にはブライアン・レッドマンが購入し、1970年にジョー・シフェールをコ・ドライバーとしてル・マンに出場。さらに数年後、1970年のル・マンの勝者リチャード・アトウッドが購入し、さまざまなイベントでこのポルシェ917KHを紹介した。.

伝説の誕生

国際モータースポーツ委員会(CSI)が1968年から1971年に3.0リッター以下のプロトタイプのグループ6で競う国際スポーツカー・マニファクチャラー選手権を行うと発表した時、ポルシェはル・マン24時間耐久レースでの初の総合優勝という1つのゴールを達成したところで、勢いに乗っていた。

フェルディナント・ピエヒとヘルムート・ボットのリーダーシップの下、ポルシェ917はチーフ・デザイナーのハンス・メツガーによって設計された。彼は、新しい4.5リッター空冷エンジンをこのプロジェクトのためにつくりあげた。その他多くの革新的機能が、オイルをフロントのクーラーに配管するなど、車体自体のチューブラーフレームの軽量化とより大きなエンジンを搭載するために活用された。

1969年のル・マンでのポルシェ917の最初の成績は、ポルシェが望んだ通りとはならなかった。しかし、これは続く1970年のレースですぐに挽回された。試験中、ジョン・ワイヤー・オートモーティブ(JWA)のガルフ・チームのチーフ・エンジニアであったジョン・ホースマンは、車体上の死んだブヨのパターンに気づいた。テールがまったく汚れていない、つまり、空気がテールの上を流れていなかったのだ。その結果、テールをより短くして、必要なダウンフォースが大きくなるよう改修がなされた。

この新しいモデルは「917KH」と名づけられた。KHは「ショートテール」を意味するドイツ語、Kurzheckの略だ。

1970年6月13日土曜日、JWAは、3つの異なるパターンのガルフ石油の有名な塗装を施したポルシェ917KHでル・マンにエントリーした。ジョー・シフェール/ブライアン・レッドマン組(20番)はフロント部分とアンダーボディにオレンジのストライプが入ったスカイブルー、ペドロ・ロドリゲス/レオ・キヌーネン組(21番)はオレンジのストライプが入ったスカイブルー、デビッド・ホッブス/マイク・ヘイルウッド組(22番)はスカイブルーの車体にオレンジ色のルーフ。いずれも最有力候補とみなされ、予選では20番が3位、21番が5位、22番が10位となった。しかしロドリゲス組は4時間後、シフェール組は12時間後にいずれもエンジントラブルで、ヘイルウッド組は50周目にクラッシュし、リタイアを余儀なくされた。

しかしその後、ポルシェ・ザルツブルク・チームのポルシェ917KHを駆るリチャード・アトウッド/ハンス・ヘルマン組が勝利し、ポルシェはル・マンでの総合優勝を果たした。同時期、世界最高の究極のレース映画という鳴り物入りで、スティーブ・マックイーン主演の最新映画、『栄光のル・マン』の撮影が進行中だった。映画の裏方チームは自動車を撮影する新しい手法をあみだし、1970年のル・マンのレースを撮影するためのカメラ・クルー配置の許可を得ていた。実際のレース映像を盛り込んだこの映画は、マックイーンのビジョンに命を吹き込む本物のレースと、演出されたスタント・ドライバーのショットを組み合わせて製作された。

マックイーンの製作会社であるソーラー・プロダクションは、この映画のために917KH(シャーシ番号917-022)を購入し、ジョー・シフェールは、マックイーンに彼自身が所有するマシン(シャーシ番号917-024-2)を貸し出した。1971年に映画が公開されると、ポルシェKHはスターダムにのし上がった。同年、917-024-2は、プライベート・コレクターに売却される前に、ジョー・シフェールの早過ぎる不運な死に際して葬列を先導した。売却後、このマシンはほぼ30年間、行方知れずとなった。

2001年、917-024-2がフランスの田舎の納屋で見つかった。その姿はシフェールが所有していた頃とほとんど変わりなかった。オリジナルのスペースセイバーのスペアタイヤ、ファイアストンの燃料セル、ファイアストン・スーパー・スポーツGPタイヤもまだそのまま。納屋で発見されたものとしては、間違いなく最高のお宝だった。スイスの専門業者、グラバー・スポーツガレージの厚意により完全復活を果たしたポルシェ917KHは、2017年8月18日、カリフォルニアのオークションで1,408万ドルという記録破りの価格で落札された。

技術仕様

形式:2ドア(ショートテール)スポーツ・プロトタイプ・レースカー

車両重量:800kg

寸法:全長4.12 m、全幅1.98 m、全高0.94 m

ホイールベース:2.3 m

馬力:630 bhp

トルク:589 Nm

エンジン・タイプ:12気筒V 180˚

排気量:426 kW

トランスミッション:5速マニュアル

レイアウト:リア・ミッドシップ、リアホイール・ドライブ

最高速度:360 km/h
0-100km/h加速:2.7 秒
0-200km/h加速:5.3 秒

映画のトリビア

スティーブ・マックイーンはカーレース・マニアだったので、ル・マン24時間レースで自分で運転したがったが、プロデューサーが許可しなかった。ただし、彼のポルシェ908は、映画のため「生の」場面を撮影するために3台のカメラをストラップで固定してレースに参加した。フィルムを交換するために頻繁に停車しなければならず、空気力学が変わり、重量が増えたにも関わらず、ポルシェ908は9位でフィニッシュした。しかし、順位表には載らなかった。リール交換のために停車したため、最低限必要な距離を走行していなかったからである。

はじめ、スティーブ・マックイーンはジョン・スタージェスに監督を依頼したが、映画の方向性について意見が一致しなかった。スタージェスは、ドライバーたちの関係性に焦点をあて、ハッピー・エンドで終わるといった、昔ながらハリウッドの映画を作りたがったが、マックイーンは自動車が主人公のレースのドキュメンタリー映画をつくることに興味があった。結局、リー・H・カッツィンがこの映画を監督したが、この映画では周知のとおり、冒頭の37分間、登場人物は聞き取れるようなセリフを発しない。

ワーナー・ブラザースがスティーブ・マックイーンとの取引をキャンセルした後に、シネマ・センター・フィルムが製作を引き受けた。プロジェクトはお蔵入りになりかけたが、最終的には、映画を完成させることを条件に、スティーブ・マックイーンが出演料、映画の興行収益の取り分、映画に関する権利を放棄した。

さあ、制作を始めましょう

今すぐ購入

Porsche, the Porsche shield and the distinctive design of Porsche cars are trademarks and trade dress of Porsche AG. Permission granted.
Personality rights of Steve McQueen are used with permission of Chadwick McQueen and The Terry McQueen Testamentary Trust. Represented exclusively by Greenlight.
The Gulf trademarks are used under license from Gulf Oil International Ltd.

AGORA MODELS is an appointed distributor of the IXO-COLLECTIONS PORSCHE 917KH for USA, Canada, Australia, New Zealand and South Africa.

ニュースレター

最新のモデル情報、オファー、ニュースをお見逃しなく。購読すると、Agoraから毎月ニュースレターを受け取れます。



本製品は玩具ではありません。パーツが小さいため、14歳未満のお子様には適しません。成人の監督の下、組み立て、使用をお願いします。

警告:パーツには磁石を使用して組み立てられているものがあり、誤って飲み込むと重篤な症状が生じるおそれがあります。お子様の手の届かないところに保管してください。磁石を飲み込んだ疑いがある場合は、直ちに医師の診察を受けてください。